実際のニュージーランド留学や就職体験なら情報豊富なキャリアアップセンター E SQUAREへ!
ニュージーランド留学ならお任せください!現地で留学・就職している人のインタビューや、留学の最新情報満載!
【E SQUARE イースクエア】home【E SQUARE イースクエア】会社概要【Ecube イーキューブ】クラシファイド【Esquare イースクエア】留学センターについて【Ecube イーキューブ】お問い合わせ
ニュージーランド留学メニュー
安い!ニュージーランド留学おすすめコース情報
・本格的にゴルフ留学!
・ホスピタリティ、$5000割引!
・国籍豊かなイブニングコース
・週$160のイブニングコース♪
・奨学金制度アリ!良質な学校

興味のあるキーワードで探す

興味のある分野で探す

目的別に活躍している人を探す

技術・資格取得したい

ニュージーランドに住みたい

現地の中学高校大学へ通いたい

Vol.68 自由時間 ニュージーランドへ高校留学

Tamami Kawano 川野 珠実さん Tamami Kawano 川野 珠実さん
高校留学 OREWA COLLEGE 学生

思い切ってニュージーランドに来て自分のペースと明るさを取り戻すことができた

オレワカレッジに入学以来、ダンスグループと4つの音楽バンドに所属し、さらに最終学年の今年は日本での入試を控え受験勉強で大忙しの毎日を送っている川野瑶実ちゃん。ここに来るまでには、いろんな出来事があり精神的に辛い時期を過ごしたことあったという。このニュージーランドでの学生生活とこれまでの経緯について伺った。

高校留学 OREWA COLLEGE学生【Profile】
1989 年神奈川県生まれ。中学校在学中から海外高校留学について興味を持つようになり、2005 年6月よりオークランドより北に位置するオレワカレッジに留学中。現在は受験のために辞めているが、実はダンスの腕前も優れていて、去年の学校のフェス ティバルで行われたダンス大会では瑶実ちゃんがチームを優勝に導いた。珠美さんが留学する際に利用した留学センターWSOのウェブは www.wso-centre.com

恵まれた環境、充実した学生生活

高校留学 OREWA COLLEGE学生

オークランドから北へ車で約40分の海岸沿いに位置するオレワで、すでに2年半の高校留学生活を送っている川野瑶実ちゃんは、今年12月の卒業の前に、日本で行われる帰国子女入試を控え、毎日寝る間も惜しんで受験勉強に励んでいるという。
学校の側にあるオレワビーチでは、普段散歩をしたり、もちろん夏になれば泳いだりサーフィンなどのスポーツをしたり、学校のフェス ティバル前になればダンスの練習に励むこともある。休日は今時の学生らしく、オークランドのシティに出掛けてショッピングをしたり アミューズメントパークでゲームをしたりと、 日本の学生となんら変わるところはない。
瑶実ちゃんは、受験生でありながら学校では ジャズバンド、コンサートバンド、ミュージカルバンド、オーケストラと4つのも音楽クラブ での活動も並行して続けているというスタミ ナの持ち主。音楽は小さい頃から大好きで、3歳から弾いているエレクトーン、ピアノは、自分から母親に頼んで始めたのだという。
この瑶実ちゃんの通うオレワカレッジは、約10ヘクタールという敷地を持ち、美しい緑と施設が調和した大規模な学校で、生徒数は 1300名にのぼる。このカレッジでは留学生を積極的に受け入れており、現在の留学生は ヨーロッパ系とアジア系が中心となっているが、その他パシフィックアイランズやサウスア メリカ方面からの留学生も多くなっているという。すでにニュージーランド全体にはたくさんの国の文化が及んでおり、もちろん若いネイ ティブの学生も留学生に対して非常に慣れている。国籍も単なる個性の一つと考える人もたくさんいる。

留学生として感じる日本とニュージーランドの違い

高校留学 OREWA COLLEGE学生

ニュージーランドの義務教育は11年間(Year1~11)となっており、はっきりとした年齢制限、入学日は決まっておらず、Year1は5歳から6歳の間の好きな時期に始めれば良いことになっている。そして、義務教育は11年だが、学校には実質Year13まであり、もし生徒がYear11を終了して辞めたいという場合は、NCEA(National Certificate of Educational Achievement)という義務教育卒業試験を受けて、認められればYear12、13は通う必要がない。そして修了までの3年間はほとんどが選択科目となっており、それまで学んだ事から自分が今後何を専門的に勉強したいか、どういった進学先や就職先に進むかといったことを考慮して教科を決定する。瑶実ちゃんが選択している教科は、音楽のほか、微積分学、統計学、化学、 ESOL(English for soeakers of other languages、他言語話者のための英語)、 IELTS(英国系の英語能力試験)、そして自習の時間もたくさん用意されており、自主的に選び、考え、学習する能力が評価される。
「授業の進め方は、日本とはまったく違います ね。数学など始めから答えが決まっているもの以外は、正確な答えよりもいかに自由に工夫して考えるかといったことが要求されます。あと、先生が黒板に 書いたことをひたすらノートに写すといったこともありません。他の生徒たちは疑問があったらどんどん積極的にその理由を問いただします。」
瑶実ちゃんは中学を卒業後、ビザの手続き等 を終え6月からYear10をスタートさせている。  留学当初、瑶実ちゃんは中学英語を終了していないレベルであったが、そういった留学生のためにESOL(前述参照)という英語の授業が行われている。しかし実際は、英語は留学したら何もしなくても自然に話せるようになるというものではなく、やはり本人の努力がポイントとなる。最初は、母国語でない英語で授業を受ける分、授業以外の時間も努力して学習しなければついて行くのは難しい。今では、 瑶実ちゃんの英語はネイティブとのコミュニケーションに何の問題もないレベルに達している。
高校留学 OREWA COLLEGE学生ホームステイ先は、瑶実ちゃんより年下の女の子と男の子を持つ夫婦の家。ホームステイ先を転々とする留学生も多い中、瑶実ちゃんは ニュージーランドに来て以来一度も場所を変えることなく、ホストファミリーとの信頼関係を築いてきた。今ではまるで本当の家族の一員のように過ごしている。その理由は、瑶実ちゃんの 客観性のすばらしさにある。
「他の留学生の友達のホームステイ先と比べると、私の家はけっこう厳しいみたいです。普段は夕食が用意される6時までに帰らなければなりません。あとは友達と出掛けたりする場合も、 帰宅時間は必ず聞かれるし、その友達の性別も気にします。男の子だと「本当にその人は大丈夫なんでしょうね?」とか(笑)。それにホスト ペアレンツが夫婦喧嘩をすることもたまにありますね。もしかしたら、こういう家庭をうっとうしく思ってホームステイを変更する人もいるのかもしれないけど、私は逆にとても興味を持ちました。物心ついた頃にはお母さんとお婆ちゃんとの暮らししか知らなかったので、これまでの自分とは全く関係のない一家庭で初めて生活をしてみて、いろんな家族の形があるんだなぁ と全てを客観的に見ることができたんです。このホストペアレンツの夫婦喧嘩でさえ私にとってはとても新鮮で、最初は一部始終をずっと眺めてましたね。そして、兄弟姉妹を持つ喜びも味わいました。ホストシスターはフルートを習っているので、私がピアノを弾いてセッションをしたり、ホストブラザーとは一緒にコンピューターゲームで盛り上がることもあります。将来、 結婚して子どもを産むのだったら、子どものためを考えてたくさん産みたいなぁなんて思ったりします。」

どん底から発見した道

瑶実ちゃんは母子家庭育ちで、小さい頃はお父さんが欲しいと言ってお母さんを困らせたことが度々あった。それでもいつもお母さんは瑶実ちゃんの協力者で、小さい頃から瑶実ちゃんが興味を持ったことは何でもさせてくれた。小学校では、バスケットボールに集中するようになり、小学校卒業後は「バスケがうまくなりたい」という思いでバスケットボール部の強豪中学に進学した。ところが、中学校一年の夏休み終了辺りから、蓄積した疲労が原因でしょっちゅう体調を崩すようになった。そしてその体調不良は回復が遅れるようになり、 ついに部活の長期離脱を余儀なくされた上に、普段の授業にも出られないという日々が始まった。 やがてその焦りは、プレッシャーという名の足かせとなっていった。行きたい、けれど行けない。とても責任感が強く、まじめで、がんばり屋ゆえの出来事だったに違いない。その後、一時的に体調が良くなって学校に行っては、また体調を崩す… ということを繰り返すようになった。
学校に行けず1人で居る時間が増えた瑶実ちゃんは、逆にポジティブに自分とよく向き合い分析するようになり、その頃に通訳者のような人と人とを繋ぐきっかけとなる仕事に関心を持つようになった。そして進路相談の時期がやってくる。自分の将来のことを考えたらパッと目の前が明るくなったように感じた。
「自分の中で留学という目標が決まってからの行動は早かったです。いろんな情報を調べている中、中高生の留学をサポートするWSOセンターと出会ったんです。母親は渋っていましたが、懲りずに毎日のように説得を試んでました。取り寄せたパンフレットや資料を持って、しつこく追い回してましたね。」
この瑶実ちゃんの頑張りが通じ、中学三年の半ばには家族のOKをもらうことができた。自分自身でニュージーランドを選んだ理由は、当時物価が安かったことや治安が良いと聞きていたこと、 他の国に比べて自分とそして母親の心配を軽減できると思ったからだという。この留学を決めた後は、新しい場所に向かう嬉しさと、絶対やり遂げたいという前向きな気持ちで溢れて いた。

どんな時でもサポートがある安心感

高校留学 OREWA COLLEGE学生

ここで出てきたWSOセンター( 以下 WSO)とは、それまで学生塾を営んでいた同センター代表が、当時不登校であった2人の息子を海外へ留学させたことを端に、 1993年に発足された民間団体である。これまで延べ1300人以上の生徒の生徒のサポートを経験しており、日本ではすでに多数のメディアで 取り上げられている。
瑶実ちゃんはWSO現地スタッフとも大の仲良し。彼らについてこのように語ってくれた。
「基本的なサポート(中学・高校の紹介、転編 入の手続き等)をしてくれるのはもちろんだけれど、それ以外に学校、友達、英語、生活習慣やその他のどんな小さな悩みでも親身、時には友達のように聞いてくれて、いつも解決への道案内をしてくれる。定期的に学校まで会いに来てくれるし、なにか問題があれば先生も交えてミーティングも行ってくれたりもします。もう少しで受験、進学のため帰国しなければいけないから、 会えなくなるのが本当に寂しい。でも、大丈夫。また戻ってくるから。」
中高生の海外留学では、生徒だけでなく親も安心していられるかが大きなポイントとなる。留学生のほとんどの親は、留学する本人に比べて情報量は少なく英語もほとんどできないことが多いため、間に入ってくれる現地スタッフが重要な役割を果たす。その点、 WSO現地スタッフは学生一人一人に対して定期的な「生活状況報告書」も作成しており、日本の家族にも安心してもらえるシステムも導入しているという。もちろん現地での就学後に日本で進学したいという場合、入試に向けたサポートもしている。日本では、ニュージーランドはもちろん他国の高校卒業資格が日本の高校卒業資格と同等に認められているため、 その海外の高校での勉強期間が2年以上ある場合、帰国子女枠での入学試験をうけることが可能となっている(詳細は各大学によって異なる)。
今年、瑶実さんが日本で受験するのは全て法学部。留学を体験したことは視野を大きく広げ、そして世界にはいろんな人がいること、いろんな事実があることを知った。そして、法律や人道問題を深く学びたい、いろんな国を見てみたいと思うようになった。次に行ってみたい国はアフリカ方面で、そのためにフランス語など英語以外の言語も勉強してみたいという。夢は広がるばかりである。

高校留学したい、体験したい、資格を取りたい、この分野で仕事をしたいと言う方はイーキューブ留学セクション、イースクエアまでお問い合わせ下さい。

 
こんな留学・就職をかなえたい!最近寄せられたニュージーランド留学・キャリアアップお問い合わせ内容はこちら
ニュージーランド留学・キャリアアップ・特殊留学などお問い合わせはこちら
ニュージーランド留学・学校お申し込みはこちら
学校の意見や評価を投稿!学校レビューコンテスト
ニュージーランド&日本にいるあなたの未来を占います
ニュージーランド留学情報・学校情報・グルメ情報をブログで紹介
ニュージーランド留学の際の送金にも便利!円送金





パスワードを忘れました?
未登録ですか? 新規登録